【PC周辺機器】トラックボールと普通のマウスの違いとメリット・デメリット

ユヘイ

こんにちは~ガジェット大好きユヘイです!

今回は、「トラックボールマウス」といわゆる「普通のマウス」について、その違いと私が感じたメリットデメリットについて、語っていきたいと思います!

最近ではテレワークによる在宅用のPC周辺機器の需要が増えてきました。

テレビ会議用のWebカメラ、PCマイクなどが一時的に品薄状態になったりとPC周辺機器への関心の高まりを感じます。

そんな私もこのコロナ禍で週に数回テレワークを行うことになった際、普段は家にあるトラックボールを使って仕事をしていましたが、新しく普通のマウスを購入することにしました。

なぜ、これまでトラックボールを普段使いしていた私が普通のマウスを購入するに至ったのか、その説明を含めて書かせていただきます!

この記事では下記の内容について、書いています。

この記事でわかること
  1. ・トラックボールと普通のマウスのメリット・デメリット
  2. ・使ってみた感想
目次

トラックボールと普通のマウスの違いとそのメリット・デメリット

PCマウスとは

コンピュータの操作全般に用いられる入力機器のひとつです。

WindowsパソコンやAppleのMacパソコンなどのモニター上に表示されるポインタを動かすことができ、パソコンを直感的に操作することができます。

トラックボール型マウスの特徴

マウスの筐体の表側にボールが出っ張るように付属(内蔵)されていて、指で直接コロコロ転がすことで画面に映るポインタを動かすことができるマウスです。

トラックボールマウスは下記のような主に2つの種類が存在しています。

1.親指でボールを動かすタイプ
2.中指・人差し指でボールを動かすタイプ

1.親指でボールを動かすタイプ

ボール部分が左側(右利きの場合)にあるタイプのトラックボールです。

写真のトラックボールは「Digio2 MUS-TRLF132BK」で普段使っているマウスとなります。

このマウスはトラックボールの中でも小ぶりで普段気に入って使っています。

このトラックボールは小ぶりでありますが、握ると写真のように親指にボールがあたるようになっています。

この親指を使ってコロコロボールを動かすことでポインタを動かすことができます。

2.中指・人差し指でボールを動かすタイプ

私はこのタイプのトラックボールを使用したことがないですが、親指よりも中指・人差し指タイプのほうがコツが必要な気がします。

メリット

置く場所を選ばず、ストローク無しで操作できる

デメリット

細かな操作には向かず、作業には不向き

トラックボールのメリットはなんといっても置く場所を選ばないということです。

普通のマウスはマウスの裏側にセンサーが付いているため、センサーが反応できるように接地面を気にしなければなりませんが、トラックボールはセンサーがボール内についているため、置く場所を選びません。

また、普通のマウスはストロークを気にする必要があり、頻繁にマウスを動かす必要がありますが、トラックボールはボールを転がすだけなので一切不要であることが最大のメリットです。

デメリットは、細かな操作には向いていないことです。

テレワークを通じて感じたのは仕事中のExcel操作やメール作成等のときに細かなポインタ操作を要求される際に動かしすぎることが多くありました。

ある程度OS側の設定でポインタ速度を変更できますが、ボールを転がして細かな操作をするのは結構な神経を使っている気がします。

created by Rinker
ナカバヤシ(Nakabayashi)
¥5,844 (2022/12/06 08:08:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ナカバヤシ(Nakabayashi)
¥5,250 (2022/12/06 08:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

普通のマウスの特徴

マウスの裏側にセンサーがあり、そのセンサーを机などに這わせて動かすことで操作するタイプです。

昔はマウスの裏側にボールが仕込まれていて、そのボールがコロコロ転がることでセンサーが動きを感知し動作するものでした。(よく学校のマウスのボール取り出して遊んでいましたよね…笑)

現在では、ほとんどボールタイプは使われていませんが下記のようなセンサータイプが主流となっています。みなさまもこちらを使われていることが多いと思います。

1.光学式(赤色LED)センサー
2.レーザー式センサー
3.青色LED式センサー
4.赤外線(IR)センサー

私が今回テレワーク用に購入したマウスは青色LED式センサーを採用した「Microsoft Bluetooth エルゴノミックマウス」を購入しました!

※こちらのマウスの使用レビューは別途記事にしたいと思います。
【ブログ更新:2021年4月17日】

メリット

細かな操作に向いているため、クリエイティブな作業に最適である

デメリット

平らな接地面がなければまともに操作できない

普通のマウスのメリットは仕事などの細かな作業が要求される場面では、非常に使いやすい点です。

前述の通り、トラックボールでは細かな操作が難しく指が痛くなったり、疲れやすくなります。

そのため、細かな操作がしやすい普通のマウスはテレワークには最適であると私は感じました。

デメリットは場所を選ぶということです。

プライベートでパソコンを使いたい場合は、楽な姿勢や場所で使いたい場面が多く、普通のマウスでは机などのちゃんとした場所でなければ使いにくいため、そういう場合は向いていないと思われます。

created by Rinker
マイクロソフト
¥4,127 (2022/12/06 08:08:10時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがだったでしょうか?

これを機に皆様もマウスの見直しを検討してはいかがでしょうか?

ポイント
  1. クリエイティブな作業を行う場面で使うなら  :普通のマウス
  2. プライベートなどリラックスした場面で使うなら:トラックボール

普段からパソコンを使っていましたが、なかなか自宅で仕事のような作業を行うことが少なかったので普通のマウスのメリットについて認識しておりませんでした。

私はテレワークをしていく中でトラックボール使いにくいなーと思う部分があり、今回トラックボールと普通のマウスの違い、メリット・デメリットについて記事にさせていただきました。

この記事が皆様のお役に立てたら光栄です。

また次の記事でお会いしましょう!

それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

◆30代会社員
◆活字の苦手なガジェット好きバイク乗りがブログに挑戦
◆趣味
 ⇛PC・スマホ・ゲーム関連
 ⇛オートバイ
 ⇛硬式テニス
◆自分の好きなこと困ったときに解決した方法などをみんなにシェアします

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる